Amazonでダウンロード

Amazonにて、電子書籍Kindle版がダウンロード出来ます。
こちらをクリックしてAmazonに移動できます。

Kindle本体がない場合でも、iPhone、iPad、Android、PC、Mac用のアプリが用意されています。読者の環境にあわせてご利用下さい。

商品一覧

表示件数:
1 次へ >>

(全商品:12点)

  • 移住者の声HOME 第1号
    移住者の声HOME 第1号
    マスコミが取り上げない311母子避難、家族移住者の声と想いを脚色なく記録。

    2011年3月11日に起きた東日本大震災。それに続く福島第一原子力発電所事故。それらをきっかけに、東北や関東圏から、多くの家族が母子疎開や家族移住をしました。

    例えば家族や子どもの命と健康を守るために、事故後すぐに着の身着のままで関東から四国へとひたすら車を走らせた家族もいます。ベッドで寝たきりの90歳になる家長である女性の決断で、30年以上も暮らした家を売り払い、一家四世代の大家族で柏から倉敷へと移住をした家族もいます。

    このようにして、北は北海道から南は沖縄へと移動をした家族およそ100名と出会い、そのなかから50家族ほどのアンケートを冊子に収録していきます(第1~6号に順に収録します)

    仕事や家族関係、地域との繋がり、そして引っ越し資金の工面において、ほぼすべての家族が大きな悩みを抱えて移住をしています。この冊子では、できるだけ脚色せずに、取材をしたまま、答えてもらったままの言葉で母子疎開、家族移住の家族たちの想いを綴っています。

    この冊子を読んで、ぜひ「自分ごと」として3・11後の暮らし方について考えてもらえたら幸いです。また自分の町にも、母子疎開、家族移住をしている家族がいることに気づいてもらえると嬉しいです。
    350円
    注文数:
  • 移住者の声HOME 第2号
    移住者の声HOME 第2号
    マスコミが取り上げない311母子避難、家族移住者の声と想いを脚色なく記録。

    2011年3月11日に起きた東日本大震災。それに続く福島第一原子力発電所事故。それらをきっかけに、東北や関東圏から、多くの家族が母子疎開や家族移住をしました。

    例えば家族や子どもの命と健康を守るために、事故後すぐに着の身着のままで関東から四国へとひたすら車を走らせた家族もいます。ベッドで寝たきりの90歳になる家長である女性の決断で、30年以上も暮らした家を売り払い、一家四世代の大家族で柏から倉敷へと移住をした家族もいます。

    このようにして、北は北海道から南は沖縄へと移動をした家族およそ100名と出会い、そのなかから50家族ほどのアンケートを冊子に収録していきます(第1~6号に順に収録します)

    仕事や家族関係、地域との繋がり、そして引っ越し資金の工面において、ほぼすべての家族が大きな悩みを抱えて移住をしています。この冊子では、できるだけ脚色せずに、取材をしたまま、答えてもらったままの言葉で母子疎開、家族移住の家族たちの想いを綴っています。

    この冊子を読んで、ぜひ「自分ごと」として3・11後の暮らし方について考えてもらえたら幸いです。また自分の町にも、母子疎開、家族移住をしている家族がいることに気づいてもらえると嬉しいです。
    350円
    注文数:
  • 移住者の声HOME 第3号
    移住者の声HOME 第3号
    350円
    注文数:
  • 移住者の声HOME 第4号
    移住者の声HOME 第4号
    マスコミが取り上げない311母子避難、家族移住者の声と想いを脚色なく記録。

    2011年3月11日に起きた東日本大震災。それに続く福島第一原子力発電所事故。それらをきっかけに、東北や関東圏から、多くの家族が母子疎開や家族移住をしました。

    例えば家族や子どもの命と健康を守るために、事故後すぐに着の身着のままで関東から四国へとひたすら車を走らせた家族もいます。ベッドで寝たきりの90歳になる家長である女性の決断で、30年以上も暮らした家を売り払い、一家四世代の大家族で柏から倉敷へと移住をした家族もいます。

    このようにして、北は北海道から南は沖縄へと移動をした家族およそ100名と出会い、そのなかから50家族ほどのアンケートを冊子に収録していきます(第1~6号に順に収録します)

    仕事や家族関係、地域との繋がり、そして引っ越し資金の工面において、ほぼすべての家族が大きな悩みを抱えて移住をしています。この冊子では、できるだけ脚色せずに、取材をしたまま、答えてもらったままの言葉で母子疎開、家族移住の家族たちの想いを綴っています。

    この冊子を読んで、ぜひ「自分ごと」として3・11後の暮らし方について考えてもらえたら幸いです。また自分の町にも、母子疎開、家族移住をしている家族がいることに気づいてもらえると嬉しいです。
    350円
    注文数:
  • 移住者の声HOME 第5号
    移住者の声HOME 第5号
    マスコミが取り上げない311母子避難、家族移住者の声と想いを脚色なく記録。

    2011年3月11日に起きた東日本大震災。それに続く福島第一原子力発電所事故。それらをきっかけに、東北や関東圏から、多くの家族が母子疎開や家族移住をしました。

    例えば家族や子どもの命と健康を守るために、事故後すぐに着の身着のままで関東から四国へとひたすら車を走らせた家族もいます。ベッドで寝たきりの90歳になる家長である女性の決断で、30年以上も暮らした家を売り払い、一家四世代の大家族で柏から倉敷へと移住をした家族もいます。

    このようにして、北は北海道から南は沖縄へと移動をした家族およそ100名と出会い、そのなかから50家族ほどのアンケートを冊子に収録していきます(第1~6号に順に収録します)

    仕事や家族関係、地域との繋がり、そして引っ越し資金の工面において、ほぼすべての家族が大きな悩みを抱えて移住をしています。この冊子では、できるだけ脚色せずに、取材をしたまま、答えてもらったままの言葉で母子疎開、家族移住の家族たちの想いを綴っています。

    この冊子を読んで、ぜひ「自分ごと」として3・11後の暮らし方について考えてもらえたら幸いです。また自分の町にも、母子疎開、家族移住をしている家族がいることに気づいてもらえると嬉しいです。
    350円
    注文数:
  • 移住者の声HOME 第6号
    移住者の声HOME 第6号
    マスコミが取り上げない311母子避難、家族移住者の声と想いを脚色なく記録。

    2011年3月11日に起きた東日本大震災。それに続く福島第一原子力発電所事故。それらをきっかけに、東北や関東圏から、多くの家族が母子疎開や家族移住をしました。

    例えば家族や子どもの命と健康を守るために、事故後すぐに着の身着のままで関東から四国へとひたすら車を走らせた家族もいます。ベッドで寝たきりの90歳になる家長である女性の決断で、30年以上も暮らした家を売り払い、一家四世代の大家族で柏から倉敷へと移住をした家族もいます。

    このようにして、北は北海道から南は沖縄へと移動をした家族およそ100名と出会い、そのなかから50家族ほどのアンケートを冊子に収録していきます(第1~6号に順に収録します)

    仕事や家族関係、地域との繋がり、そして引っ越し資金の工面において、ほぼすべての家族が大きな悩みを抱えて移住をしています。この冊子では、できるだけ脚色せずに、取材をしたまま、答えてもらったままの言葉で母子疎開、家族移住の家族たちの想いを綴っています。

    この冊子を読んで、ぜひ「自分ごと」として3・11後の暮らし方について考えてもらえたら幸いです。また自分の町にも、母子疎開、家族移住をしている家族がいることに気づいてもらえると嬉しいです。
    350円
    注文数:
  • HOME
    HOME
    『HOME』(ホーム) 神原将著

    3・11で人々はどのように生き方を変えられ、そしてどのように歩もうとしているのか。
    100人以上の311避難者への取材を元に『原発引っ越し』の著者が描いた10の物語。

    第一話 水と行列
    第二話 ヒロユキとノブチン
    第三話 家族と家
    第四話 シラサギと川
    第五話 ヒキコモリとダッシュツ
    第六話 ノドグロと苺
    第七話 山本カジオと三万五千円
    第八話 ワインとチーズ 
    第九話 鼻血と愛 
    第十話 マイタウン&マイホーム

    A5サイズ、ソフトカバー、全100ページ、定価:1100円
    1,100円
    注文数:
  • HOME 2
    HOME 2
    『HOME 2』(ホーム2) 神原将著

    わたしは悲しくない。
    わたしは立ち止まらない。
    わたしは言い訳をしない。
    母に愚痴を言われようと、
    誰かにノイローゼだと指をさされようと、
    周りの態度が信じられなくても、
    孤立したって、オウガだけは守り抜く。
    見捨てない。寂しい気持ちにさせない。

    あの子だけには伝わって欲しいと思う。
    どんなにひどい世の中になって、
    たくさんの大人が言い訳ばかりして、
    子どもの命を悪魔に売り渡しても、
    あなたにはちゃんと味方がいるんだよってことを、
    わたしはわたしの一生をかけて、
    あの子に見せようと思う。
    (本文より)

    3・11で人々はどのように生き方を変えられ、そしてどのように歩もうとしているのか。100人以上の311避難者への取材を元に『原発引っ越し』の著者が描いた10の物語。

    もくじ
    第一話 タイムリミット
    第二話 父の手、母の背中、そして私。確かにここに生きた私たち
    第三話 うそつきたちの暮らす国
    第四話 オレと神原さん
    第五話 わたしたちの生き方
    第六話 商店街の憂鬱
    第七話 ベッドタイムストーリーズ
    第八話 Dear あなた
    第九話 オカルト的な世界の中で
    第十話 伝えたいことがある

    A5サイズ、ソフトカバー、全100ページ、定価:1100円


    1,100円
    注文数:
  • 原発引っ越し2 1429の日記(上)
    原発引っ越し2 1429の日記(上)
    『原発引っ越し2 1429の日記』 神原将著

     予想もしなかった連絡が入ってきた。広島でおそらく3・11以後もっとも多くの母子避難者家族、地元支援者らが集まっていた支援団体が突然解散となったというのだ。

    ぼくに連絡をしてきたのは、団体の立ち上げの頃から付き合いのあるA田さんという地元の男性だった。

    「どうやら、この団体に中核派が入り込んだらしい。しかも団体の代表やそれを支えるスタッフたちが洗脳されかけていて、今後中核派に乗っ取られてしまうだろう。登録した名簿などがすべて没収、管理されるかもしれない。団体を潰すしかないだろう」という噂が流れているというのだ。

     しかも、その噂を流したのは、この団体の創設初期からいたスタッフのひとりだという。この噂は、数ヶ月前から突然流れるようになり、そんなことはないということでやってきたようだが、今回その噂を流したスタッフが、登録している避難者家族や支援者らに働きかけて、会を離脱したほうがいいんじゃないかというムードが創られたようだった。

    「言いにくいんですけど、じつはこの噂には神原さんのことも大きな原因のひとつになっているんです」
    (本文より)

    「ニュースも新聞も3・11後の東京がどんなに大変なのか伝えない」
    原発避難者たちは、どんな想いで土地を離れ、また新天地で暮らしているのか。
    前作『原発引っ越し』を書いた舞台裏、東京の放射能汚染を正直に受け止めきれない出版界の事情にも言及。世田谷から呉への移住、そしてその後の生活をありのままに描いた続編が上下巻にて、いよいよリリース。

    3・11を経験したぼくらの生き方の記録。

    上巻 A5サイズ、ソフトカバー、全112ページ、定価:1100円
    ※下巻2015年7月発行予定。

    1,100円
    注文数:
1 次へ >>

(全商品:12点)

表示件数: